exhibition 竹久夢二      

               大正の自由人 ‐ 基礎データ

    開設2010年8月 /更新2014年8月 -資料を加えながら更新します-   © 品川洋子    


<はじめに>

 竹久夢二〔1884(明治17)年~1934(昭和9)年〕は、ジャンルを超えた創作活動を繰り広げた多才な画家にして詩人です。自身で装幀し挿絵をした詩文や童謡・童話の著著により特筆され、他者の文芸書やセノオ楽譜の装幀も多くしました。彼の描く女性の絵姿は、”夢二式の美人画“と言われて人気を得ましたが、山水画や人物を配した風景画も多くあり、山を描いた画家でもありました。
 また、当時の国際的な装飾美術をいち早く取り入れ、絵本、封筒、便箋などいわゆる可愛くて抒情性のあるデザインを多く手掛け、日本の伝統的な図案を当世風な夢二式の千代紙などに再生する手腕も発揮しています。工芸美術で産業を興す夢を抱きながら、欧米への遊学の後に病に倒れ、富士見高原療養所にて、満50歳に満たずに亡くなります。人生を恋と旅で過ごし、大正の自由人と目されます。
-このexhibitionでは、夢二とはどのような作家だったのかを見ていくために、主要な作品を紹介していく方針です.当HPのデータ公開Ⅴもご参照ください。
メモリアル・ミュージアム/コラム
にも夢二を偲ぶ記事を書いています。-

 追記-『「宵待草」ノート 竹久夢二と大正リベラルズ』には、夢二の悲恋と代表詩「宵待草」周辺のことを書きました。夢二を知るための基礎的な参考図書も、同書に紹介しています。



                           


【作品紹介】