夏休みと瞑想  vol.1 

  楽しくて健康に良いこと、探しましょう・・・。 2015夏

                                         

 “夏休み宣言”をする

 バカンス、夏休み、リゾート、海、山、鳥。
 なんて気持ちのいい響きのする言葉でしょう。

 どこか、自然のなかで、ワンコと一緒に小鳥を追いかけながら、ひと夏を過ごしたいものです。けれども、仕事が、家事が、野暮用が、どうしてもそれを許してくれない、ということがあるかもしれません。

kotori
bird

 そんなときには、とりあえず、“夏休み宣言”をしてみてはどうでしょうか。いつもの生活の場を離れられないのは仕方ないとして、例えば、自分の本業の勉強とか原稿とかは、2,3ヶ月の間やあめた、というような決心をするのです。何か、これということのノルマ放棄をしましょう。
 それから、車による慌ただしい移動を見直してはどうでしょうか。歩きとか自転車で、気に入ったお店を探し回るような、夏休みの宿題を自分に出すのです。
 これだけで、気分転換になって身体も軽くなります。


                                    

     夏休みと瞑想  vol.2   

ヘルスケア

 鬱陶しい夏日には、なんとなく体調が思わしくなくなることがあります。
 朝寝坊に昼寝、それが、一番の休養??

 本来は、健康増進や未病への対策は、東洋医学のものでした。近頃では、西洋医学でもヘルスケアという概念が広まっているようです。Web上でも、ひとつのジャンルとして浸透していて、食事や運動など予防医学に関することが様々に取り上げられています。アンチエイジングへの関心も高まっています。自分の人生を精一杯に活かすためにも、健康管理は忘れてならないことです。

hatake
tomato

 

  ストレスに悩むのは夏場だけではありません。年間を通して、自分に合った健康法を見つけ出し、それを保持することが大切です。







     夏休みと瞑想  vol.3  

水素水を飲んで、クルミを齧る

 有機栽培で育てた野菜をたっぷり摂る、というのは理想です。ですが、なにせ夏日には、家庭菜園で熱中症になるのが怖い。
 もっともシンプルで体に優しいことって何だろうと思ったら、水素水にクルミではないかと思いつきました。
 水素水というのは、近年になってその効き目が注目されるようになったもので、研究がすすめられている段階なのだそうです。疲労回復にはいいのではないでしょうか。ナッツ類も健康増進に効果があると定評がありますが、特にクルミは抗酸化作用があると言われています。

mizu
water

kurumi
california walnuts













     夏休みと瞑想  vol.4  

「リラックスの貯金」

  ヨガの先生のお話では、ストレスが溜まるように、リラックスは貯金することができるのだそうです。積極的にリラックスするポーズは、お家でもできます。
 また、家ではやらないけど、スタジオで号令をかけられるとできる、という人がいます。なるほど、片足立ちとか、ねじりとか、普段やらないようなポーズを指導されると、脳が活性化するみたいですよ。
 いつも同じ姿勢でデスクワークする人など、週2回くらい、ヨガやピラティスを受講するといいのだとか。健康寿命が延びるそうです。

いつか習得したい“瞑想”

 現代のヨガは、アメリカ式が盛んで、手足の長い人向きのものになっているとのことです。ヨガは古代インドで発祥したもので、健康増進のための運動というよりは、瞑想により集中力を養う修行でした。
 内観ということがあり、楽な姿勢で座り、意識を集中して身体の状態を知ります。意識の集中をしない超越瞑想もあります。ただ、瞑想に入って元に戻れなくなる恐れがあるため、良い師が必要だそうです。
 健康的なフィットネスクラブで、良い先生と出会うことが最初の一歩ではないでしょうか。筆者は何年やっても初心者ですが、私たち向きの日本式ヨガが整っていくことを待ち望んでいます。(2015年7月)


笑いもリラックスさせてくれます。ホントに、犬と一緒にするドッグヨーガがあるそうですが。この写真は、フォトショップ加工とのこと。⇒ヨガドッグ画像     
              © Dioの会 2015 / Webは誰のものなのか!?