study


tanpopo

タンポポ

 CSS

 Cascading Style Sheets略してCSSは、HTMLやXMLの文書の要素をどのように表示(装飾)するかを記述した仕様書です。文書の構造と体裁を分離しようという理念のものに、具体化された仕様なのだそうです。つまり、記述された文書構造に対して、CSSを入れ替えることにより、別の表示(装飾)が可能になるということです。

 文書のレイアウトや文字・背景などの色彩は、筆者にとっても読者にとっても、なおざりにはできないことです。ただ、文章を書く知識人のなかには、そういうことを最初から「面倒なこと」と感じる人がいることでしょう。
 サイト制作においては、ビルダーなどのテンプレートから選んで使用すれば、かなり手軽に見栄えのよいページができます。ただし、既成のテンプレートをカスタマイズしたり、白紙のHTMLから記述を始めたくなるのは、誰しもの心理です。
 そうすると、なるほど面倒なことになっていきます。文章においては、装飾ということをまずは度外視しておくのが得策という考え方にも一理あるわけです。

 思えば、原稿用紙や便箋というものは、煩わしを感じさせない洗練された文化でした。今日でも、メールにおいては、ひとつひとつデザインを施して送る人は、めったにいないと思われます。
 ただ、サイトは、不特定多数の閲覧者が想定され、多量の情報を含みます。書物に装幀がつきもののように、サイトには見栄えの仕様であるCSSを加えることが必然です。そして、そのCSSの装飾は発達をとげて、使いこなすことに様々に課題があるようです・・・・。

 

 

 参考リンク

 

  Cascading Style Sheets- Wikipedia

 

 

 

  Web exhibitionを想って 「企画者の意図をそのまま伝えたい」

 

 私が、Webをやっていることの理由は、なにかものを造るのがきらいではないからです。もしも、作家になるとしたら、手芸作家になったかもしれません。ですが、たまたま、眼の前にあるのは、編み針や毛糸ではなく、ディスプレイとキーボードです。
 Webクリエイターという概念には、抵抗をおぼえるものではありません。デザイナー、コーダー、プログラマー、SE、というよりは、です。プロフェッショナルに頼んだほうが、見栄えのよいサイトができることは知っています。細分化された領域で技術は磨かれるとも思います。ですが、本人しかだせない手作りの味わいもあります。私はセミプロくらいをめざそうとしています。

 

 また、長く学芸員という職業をしてきた者としての思惑もあります。多くの個々の人々に、直接に情報を伝達するWebに魅力を感じないではいられないのです。展覧会によって、万人と文化を共有しようとする博物館のコンセプトに似ています。Web exhibitionの可能性については、ここ数年にわたり私の関心事でした。

 単に、企画事業の広報や所蔵品の紹介、ミュージアムショップのオンラインシステムとしてだけではなく、人類の文化に寄与するような独自なWeb exhibitionができないものかという考えは、私のなかでくすぶり続けています。実際の館の事業を補佐をするサイトではなく、Web特有の情報伝達力と表現力によって成り立つexhibitionです。生涯学習そのものとしての活動です。
 Webは、「天下をとってからやってくれ」とは言いません。Webによる発信は、地域や組織・館の制約をほとんど受けることがありません。主催側がどのように零細な団体であろうとも、あるいは、学芸員のような少数派の知的労働者個人であろうとも、自らの意図を前面にだすことができるのです。ただ、そのexhibition構築を充分に行うには、展覧会の企画力だけではなく、Webの技術力・応用力が必要になってきます。

 Web上のミュージアムは、今日では、いくらも例をみつけることができます。Dioの会代表によるHP三木露風文学館もそのひとつですし、館の運営上の問題から、サイトでの発信に切り替えた立原道造記念館もあります。現実の館の運営が困難だから、その代わりにWeb上のミュージアムを持つということだけではありません。Web特有の力で、ミュージアムに新たな可能性を加えていることは認められます。

 もともと博物館は、実物資料の展示・公開・保存を根幹事業としています。Webでは、電子書籍の例をいうまでもなく、言語芸術からあらゆる文書までを扱うことができます。言葉は概念であり、文字は視覚的に認識されるものだからです。ですが、造形美術や、あらゆる生物、三次元的に存在するさまざまなモノや文化は、実物ではなく、映像や文字などによる複写や再現によってしか扱うことができないという問題があります。二次的な扱いになるということです。ぞれでも公開・記録・保存ということにおいて、Webは、大きな働きを持っています。おそらくは、従来のミュージアムにおいても、Webは様々に取り入れられていくに違いありません。そして、WebサイトはWebサイトとして、その表現力でexhibitionをどこまで繰り広げていけるかは、まだまだ未知数なのです。

 Dioの会では、ホームページで、独自なデータ公開Web exhibitionを試みています。ですが、まだ、これという成果や認識を得るまでには至っていません。展示企画もWeb表現も、まだこれから力をつけていかなくてはならない課題なのです。Web exhibitionが進展するには、遥かな道のりがあると感じています。
                               (2011年8月11日)



  参考リンク

  青空文庫

  三木露風文学館

  立原道造記念館



 review

  exercise 明治・大正の版画

版画 踊り 化粧 漁夫

   それぞれの画像をクリックすると、作者についての解説をご覧になれます。